HOME
ホビー
戦国GDPゲーム“爺と殿と小太郎と”で遊ぶ

戦国GDPゲーム“爺と殿と小太郎と”で遊ぶ

  • 戦国GDPゲーム“爺と殿と小太郎と”で遊ぶ

  • 作品データ

    作品名
    : 戦国GDPゲーム
    作者名
    : AZ
    使用用紙
    : 51002
  • 作成のポイント

    戦国時代が舞台のゲームで得技と価格の関係をお勉強!シンプルなのに奥が深い……

  • カテゴリホビー

正月ボケを直すために、ちょっと頭を使ってお勉強しなければ……。なんて考えている方必見。遊びながら学べるPaki Pakiシリーズから、カード10枚でできるゲームをご紹介します。

第1回は「爺と殿と小太郎と」。戦国時代を舞台にしたゲームです。

azir-061229-01-1.jpg

ゲームに必要なデータを10面の名刺用紙に印刷します。簡単なゲームの紹介を入れてもシート1枚で済んでしまうのでとても経済的。

azir-061229-01-3.jpg

裏にも模様を印刷。このひと手間でぐっと既製のカードゲームらしくなります。

印刷したカードをミシン目で切り離したら完成。いろいろなカードがありますが……?


<遊び方>
このゲームは4人の人物と5つの生産物で構成されています。4人それぞれに何かを生産させて、国を豊かにしましょう!(人物カードの下の数字は、それぞれの人物が何をどのくらい生産する能力があるかを表しています)
azir-061229-01-5.gif

まず、文字だけのカード(生産物)を5枚並べます。

azir-061229-01-6.gif

その下に殿・爺・小太郎・姫を配置します。どうしたらこの国の生産は最大になるでしょうか。こんなことを考えながら遊んでみるとゲームがより奥深くなります。

●誰よりも生産力が低い小太郎はどう配置したらいい?
●「花」を生産できるのは姫だけ。でも、姫の特技は「茶」。

(→国の生産を最大にするには……?)
●それぞれに値段をつけたとして、「花」の値段が他の2倍だったらどう変わる?

works

実はこのゲームは経済学が学べるゲーム。長所・特技を活かすことで社会全体の生産効率があがることがわかりますよね?また、価格を設定して遊んだ場合は、価格による生産調整に気づくこともできます。シンプルだからこそ難しい。色々アレンジして楽しんでみてください!

AZ
AZ

ゲームデザイナー / Facilitator。JASAG(日本ゲーミング&シミュレーション学会)会員。ゲームでの教育(ゲーミング) の実践 を模索中。

作品リストを見る

トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.print-seikatsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/312

前の記事

次の記事

  • 作家別ファイル
  • 作品一覧
  • こんなラベル活用はいかがでしょう

アーカイブ

  • 暮らし
  • 贈り物
  • 生活雑貨
  • キッズ
  • インテリア
  • ビジネス
  • ファッション
  • ショップ
  • ホビー
  • その他

最新の作品ファイル

  • hako
  • 贈り物に添えて オリジナルギフトタグ
  • こどものイラストをシール化!チビっ子シール
  • 手書きでツイート Twitter付箋
  • こんがりかわいい!フェイククッキー
  • 手書きに心をこめて 手作り一筆箋
  • インテリアにぴったり オリジナル野鳥手ぬぐい
  • ラベルやカードでつくる 復興アクション
  • 身近なことからはじめよう 節電ポスター
  • バスタイムは楽しく勉強! お風呂のおもちゃ
  • 和紙で本格的に 千社札風シール
  • シンプルなクリアファイルを 透明ラベルでカスタマイズ
  • 手描きの雰囲気がステキ。宝石プリントのヘアアクセサリー。
  • 思い出は琥珀色?!瓶のフォトフレームを作成
  • 貼ってはがせるステッカーでオフィスを緑化
  • 名前と一緒に趣味を交換できる、おすそわけ名刺を作成